Live Life to the Fullest どこにいても人生結果オーライ!

海外生活(アメリカ・ドイツ・イギリス)20年目、Proseccoの日々観察記です。

ブレクジットの次はサセクジット!?

体調崩している間に、カルロスゴーンのレバノンでの単独会見やら、アメリカ・ドローンによるイランの主要人物暗殺からのイランによる民間機追撃事故など、世間ではいろんなことが起こりました。2020年の幕開けが騒々しいです。 

Sussexit!

そんな中、世界中の話題になっているハリー王子とメーガン妃の王室離脱宣言。。。ブレクジット=Britain + Exit が英国のEU離脱を意味する造語はすでに浸透していますが、今度はサセックス公であるハリー王子&メーガン妃がロイヤルファミリーから抜けたいということで、サセクジット=Sussex + Exit という言葉がメディアを賑わしています。

イギリス王室のプロパー広報ルートを通さずに、今風のセレブらしくインスタでいきなり発表したことが物議をさらに大きくしました。格式と伝統を重んじる王室にとってはいきなりフックを入れられて怒り心頭だったとは思いますが、そこは紳士淑女のお国柄でもあるので淡々と早めのプレスリリースをして事態解決に向けて動いているようです。本日行われた王室主要メンバーの非公式会議では、残念だけれど二人の意思を尊重する、というエリザベス女王のお言葉が発表されました。

Brexit, Sussexit, Scotixt?

数週間後に控えたブレクジット、王室から離れて経済的自立をしカナダと英国2カ国を往復する暮らしをするサセクジット、そして、ジョンソン首相に「2014年の住民投票は生涯に1度だけとの理由で許可したものであり2度目は認めん!」と言われてしまったスコットランドの英国連邦離脱、Scotixt、までも起こるかもしれません。イギリスの今後が気になります。

f:id:Prosecco:20200115034443j:plain

フィッシュアンドチップス。イギリスっぽい写真がこれしかなかったです・笑

今日のボキャビル

6th in the line of succession to the British throne:  イギリス王位継承第6位

Royal Talks:王室会議(王室の主要メンバーが集って話し合うこと)

Step back: 一歩下がる。退く。引退する。

Unprecedent: 過去に前例のない。

Transitional period: 移行期

PVアクセスランキング にほんブログ村